Work Style 教育研修・働き方・各種制度

人材育成への取り組み

教育方針

JRAシステムサービスでは、社員の人間的成長を促し、創造性豊かで将来を担う活力ある人材を育成することをめざしています。それと共に仕事の実践力を身につけ、顧客にとってなくてはならない技術集団となるために、各種教育研修を実施しています。

人材育成

重要な財産である人材については、採用から一貫した教育を行い、キャリア形成を念頭においた人材配置を実施しております。人事(採用・昇格・人材配置等)と人材開発・育成(各種教育・研修)を一体として考えることで、より専門性の高いスペシャリストを育てることをめざしています。

教育研修体系の紹介

当社では、階層別教育、部門別教育、特定教育の3つを柱として教育研修プログラムを実施しています。

[教育体系図]
階層別教育一般職監督職管理職
新入社員研修一般職研修監督職研修管理専門職研修
部門別教育社内教育/社外教育
共通IT技術(ネットワーク・データベース・セキュリティ 他)
業務別トータリゼータシステム・インフォメーションシステム・
JRA-VANシステム 他
システム開発・設備設計・事務系スキル 他
特定教育社内教育/社外教育/通信研修
共通社内技術者認定試験制度、eラーニング研修、ITIL
資格取得
支援制度
公的資格取得支援制度、通信研修費補助制度

階層別教育

未来を担う社員の人間形成をサポートする研修として、キャリアに応じた階層別研修を創立より継続して行っています。各職制における役割及び責任を十分認識した社会性に優れた人材の育成を図るとともに、職制に応じた業務遂行能力の向上を目的とした各種研修を実施しています。

部門別教育

それぞれの業務に直接必要な資質や、知識・技能を高める教育を行っています。システムの開発企画から運用保守管理まで、トータルにサービスができる当社独自の高度な知識・技術を持つスペシャリストの育成を目的として、JRA関連のあらゆるシステムに対応できる技術者の育成を行っています。また、新入社員の配属時には、育成指導者を指名してOJT研修を基本に、各職場での丁寧な育成に取り組んでいます。

特定教育

特定教育では、自ら進歩向上のために努力する姿勢を培い、また、創造性豊かで将来を担う活力ある人材を育成するため、自己啓発を基調とした資格試験受験援助を実施しています。援助の内容は、資格取得支援金・報奨金制度があり、業務に関わる情報処理の国家資格やベンダー資格を受験した際は受験料が、合格した際には一時金・報奨金が支給されます。さらに、高度な資格に合格した際には、社員表彰の対象者になります。また、組織の一員としての責任を認識し、常に社会性の高い行動を行えるようeラーニングによるコンプライアンス教育、情報セキュリティ教育などを実施しています。

主な資格取得状況(2021年12月1日現在の資格取得者数)
資格の種類取得者数
情報セキュリティマネジメント試験9
基本情報技術者試験197
応用情報技術者試験108
ITストラテジスト試験5
システムアーキテクト試験11
プロジェクトマネージャ試験13
ネットワークスペシャリスト試験46
データベーススペシャリスト試験22
エンベデッドシステムスペシャリスト試験2
ITサービスマネージャ試験8
システム監査技術者試験6
情報処理安全確保支援士試験40

ワークライフバランスへの取り組み

ワークライフバランスのための諸制度

社員一人ひとりがいきいきと働き、長きにわたって活躍するためには、個性や価値観を尊重し、仕事と暮らしのバランスが取れていることが大切だと考えています。JRAシステムサービスでは、多様な働き方を選択できるように、さまざまな制度を設けています。

働き方に関する各種制度

  • 育児休業制度
    (子が3歳に達するまで利用可能)
  • 育児のための部分休業制度
    (子が中学校就学の始期になるまで利用可能 最大2時間・30分単位で取得可)
  • 子の看護休暇制度
  • 介護休業制度
  • 短期介護休暇制度
  • 介護のための短時間勤務制度
  • リフレッシュ休暇

個人のライフスタイルに
合わせた働き方の支援

仕事と子育てを両立できるよう次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」を策定。全社員が仕事と子育てを、より高いレベルで両立させることができ、次世代育成支援に貢献できる企業をめざし、職場環境の整備に努めています。

女性の活躍について

女性の採用者数・勤続年数の増加にともない、女性の管理職候補者も増えています。そこで当社では女性活躍推進法に基づく「一般事業主行動計画」を策定し、男性・女性ともに社員が働きやすい環境を整えることは、女性管理職比率の上昇にもつながると考え、女性活躍も含めたダイバーシティの推進に取り組んでいます。

企画提案制度

中期経営ビジョンのキャッチフレーズにある、「アイデアと技術で「支え」「挑み」「変える」競馬の未来」を実現する上で、新たな事業につながるより多くのアイデアを発出し、それらを企画化し、提案していくことを目的に、2021年3月より「企画提案制度」を運用しています。これまでに社員から多くのアイデアを提示してもらい、それらを錬成・成長させ、最終的には顧客(JRA・関連団体・競馬ファン)へ提案していく枠組みの強化を図っています。

独身寮・社宅

関東エリアで勤務している社員向けに、千葉・東京に独身寮を、扶養親族のいる社員向けには、神奈川に社宅を整備しています。その他、転勤者の負担を軽減するために、借上げの寮・社宅制度などの住宅制度を整備しています。また、寮・社宅に入居しない社員についても、一定の要件を満たすことで住宅手当が支給されます。

ENTRY