会社情報
ホーム > 会社情報 > 教育研修制度

教育研修制度

社員の成長をサポートする教育研修制度

教育体系図

教育体系図

体系の紹介

弊社では、職場外教育(階層別教育、部門別教育)、職場内教育、自己啓発の3つを柱とした教育研修プログラムを実施しています。
特に職場外教育は、階層別教育と部門別教育の2つに分かれており、階層別教育では、弊社の未来を担う職員の人間形成をサポートする研修をしており、職制に応じたケーススタディーを通して新たな一歩を踏み出す動機付けの場として活かされています。
また、部門別教育では、システムの企画開発から運用保守管理までトータルにサービスができる弊社独自の高度な知識・技術を持つスペシャリストの育成を目的として、JRA関連のあらゆるシステムに対応できる技術者の育成を行っています。


教育研修制度

JRAシステムサービス株式会社では、職場外教育(階層別教育、部門別教育)、職場内教育、自己啓発の3つを柱とした、体系的な教育研修プログラムを準備しております。

職場外教育

  • 階層別教育
    弊社の未来を担う職員の人間形成をサポートする研修として、設立以来より継続して行っています。技術を追求する傍ら企画力、判断力、交渉力等々は重要であり、職制に応じたケーススタディーを通して新たな一歩を踏み出す動機付けの場として活かされています。
  • 部門別教育
    それぞれの業務に直接必要な資質や知識・技能を高める教育を行っています。 システムの企画開発から運用保守管理までトータルにサービスができる弊社独自の高度な知識・技術を持つスペシャリストの育成を目的としており、JRA関連のあらゆるシステムに対応できる技術者の育成を行っています。

職場内教育

OJT(On the Job Training)を知識・技能の継承の基本として位置付けており、新入社員の配属時には、育成指導者を指名して、各職場において丁寧な人材育成ができるように取り組んでいます。

自己啓発

職員が自己啓発に取組める環境を整備しています。自らの能力を高めチャレンジすることが奨励されており、職員にとって自己形成のための目標設定に活かされています。

資格取得奨励制度

その他にも、弊社が(業務上必要であると)認可している公的資格を取得した際に褒賞金を支給する資格取得奨励制度など社員の自主的な能力向上を支援する制度も準備しております。

資格取得者数一覧表(平成27年12月31日現在)
資格の種類 取得者数
情報処理技術者
 ・基本情報技術者
 ・応用情報技術者
 ・高度情報処理技術者
 ・PMP(Peroject Management Professional)

142
62
72
4
ベンダー系資格
 ・CCNA (Cisco Certified Network Associate)
 ・CCNP (Cisco Certified Network Professional)
 ・LPIC (Linux Professional Institute)
 ・オラクル認定

3
2
10
3
危険物取扱者(丙種/乙種) 2
第二種電気主任技術者 2
第三種電気主任技術者 5
1級電気工事施行管理技士 4
2級電気工事施行管理技士 6
日商簿記検定1級 2
日商簿記検定2級 11