JRAシステムサービス
 

会社情報

コンプライアンス

コンプライアンス行動指針

(制定 平成23年10月26日)

私たち役職員は、JRAシステムサービス(株)の一員として、次の事項を守ります。

1.社会規範の遵守
①法令や企業倫理、社会規範を正しく理解し、遵守するとともに、社会から疑惑や不信を招く行為を行いません。
②常に法律知識や社会常識、正義感を持ち、違法行為や反社会的行為を見逃すことなく、社会人としての節度と良識に従って行動します。
③反社会的勢力に対しては、「恐れない」「お金を出さない」「利用しない」の原則を徹底し、毅然とした態度で対応します。
2.適正な業務執行
①自らの職責を十分に認識し、権限を逸脱することなく真摯に職務を遂行します。
②定められた社内諸規程に則り、当社の使命を自覚して、責任を持って行動します。
③業務執行に際して生じた過誤、事故等に対しては、これを隠ぺいすることなく、速やかに上司その他関係者に報告し、適切に処理します。
3.顧客重視の活動
①遵守すべき法律等を十分に理解した上で、健全な取引のルールを遵守してお客様に対して誠実に取り組みます。
②お客様からの苦情、意見及び要望を正確に理解し、迅速かつ的確にお客様に満足いただけるように努めます。
③事業活動の中で知り得たお客様の個人情報は厳重に管理し、漏えいや目的外使用は行いません。
4.取引先との適切な関係
①常に公正、透明かつ自由な競争を促進し、適正な取引を実行します。
②他社が所有する知的財産権(特許権、著作権、商標権、意匠権やノウハウ等)を尊重し、許可なく使用しません。
③社会通念の範囲を超えた接待、贈答は受けません、行いません。
5.会社利益等の管理・保全
①自己又は第三者の利益のために、会社の利益又はお客様の利益が損なわれることがないように行動します。
②事業活動を通じて得られた秘密情報の重要性を認識し、厳重かつ適切に管理します。
③会社の有する知的財産権は、重要な会社資産であるという認識に立ち、この知的財産を含む会社財産の有効活用と権利の保全に努めます。
6.人権の尊重と良好な職場づくり
①一人ひとりのプライバシーを尊重します。また、人権を尊重し、性別、年齢、信条、身体的状況などを理由に不当な差別や嫌がらせは行いません。
②職務上の優位的立場を利用した嫌がらせや言葉による虐待、相手及び周囲の意に反した性に関する言動等の誤解される恐れのある行為は行いません。
③業務上知り得た役員、職員及び社外の個人情報については、対象となる業務目的のみに使用し、第三者に情報が漏えいしないように厳重に管理します。
④安全、衛生及び防火に係る法令を遵守し、事故、災害の防止に努めます。
⑤労働関係法令を遵守し、働きやすい職場環境の整備に努めます。コミュニケーションを深め、お互いの信頼を大切にする職場づくりを進めます。

実施の日  平成23年10月26日(設定 平成23年10月26日)