業務内容
ホーム業務内容 > JRAシステムの開発

JRAシステムの開発

職場風景

 JRA競馬業務に係る様々なシステム開発を行ってきた経験により培われた多様な開発ノウハウと最新のITを駆使し、ユーザニーズに対応した信頼性の高い最適なシステムを提供しています。
 弊社のバイタリティあふれる若く優秀なエンジニアを中心として、ネットワークインフラの構築から業務アプリケーションの開発まで、様々なシステムの構築に日夜取り組んでおり、業務遂行には、責任を伴うと共に、完成時には大きな達成感を得られます。
 特にシステム化企画や要件定義・基本設計等のいわゆる「上流工程」や開発工程全般のプロジェクト管理、また新たなシステム・機能を競馬開催に向けて万全の体制でリリースするための検証・テストについて中心的な役割を担い、若いうちからシステム開発全般に係る広い視野が求められるため、公的及び民間の各種資格取得の積極的奨励等、継続的なスキルの向上に努めています。

主な開発システム

・トータリゼータシステム

 競馬開催日において勝馬投票券の発売・払戻を処理するシステムで、全国各地の競馬場・WINSで稼動する現金投票システム・発売払戻端末とインターネットや電話網を通じて発売を行う電話投票システム、そしてこれらを全体として統括する東西2ヶ所のセンターシステムで構成されています。
競馬事業に求められる極めて高度な信頼性を担う根幹的なシステムであるとともに、Flash(TM)や携帯アプリの活用など、お客様に快適に競馬を楽しんでいただくための各種機能改善に平素から努めています。

・情報提供システム

 競馬開催に関する様々な情報を競馬ファンやマスコミにリアルタイムで提供することを目的としたシステム・機能群です。
ITVやターフビジョンに表示するオッズ・成績を中心とした画像提供システム、インターネットホームページやIPATお客様向けのデータ配信システム、テレホンサービスシステム、通信社への記事配信システムなど、使用する媒体・情報の形式とも多種多様です。映像系であれば近年におけるデジタル化への対応など、進展著しい新技術を積極的・多角的に活用し、お客様の満足度の高い情報提供システムの構築に努めています。
また、座席指定予約システムや両トレセンの坂路調教ラップ計測システムなどの開発も行っています。

・競走馬情報管理システム(JARISV)

 競走馬を中心に構築されたRDB(リレーショナルデータベース)を基盤として、馬主・調教師・騎手・生産者、競馬番組登録・特別登録・出馬投票受付・競走成績、裁決・ハンデ業務、医療情報等を集中的に管理し競馬事業の根幹を支える、全国規模のオンラインデータベースシステムであり、開発担当者には先端的なITスキルとともに競馬施行に関する各種ルールにも精通することが求められます。
  地方競馬全国協会や(財)ジャパン・スタッドブック・インターナショナルなどの競馬関連システムとも相互に接続されています。

・国内トップ企業各社との連携

  中央競馬は年間売上げ約3兆円の文字どおり「ビッグビジネス」であり、極めて多様かつ高度なITの利活用がそのダイナミックな事業展開の原動力です。弊社ではメインフレームからオープン系まで、国内大手メーカー・ベンダー各社の多様な製品・技術を組み合わせ、最適なシステムの企画・構築に努めております。

主な採用製品のメーカー・ベンダー(五十音順:敬称略)

(株)NTTデータ、(株)NTTドコモ、キヤノンITソリューションズ(株)、シスコシステムズ、(株)東芝、日本アイ・ビー・エム(株)、日本オラクル(株)、日本ストラタステクノロジー(株)、日本電気(株)、日本ヒューレット・パッカード(株)、日本ユニシス(株)、(株)日立製作所、富士通(株)、松下電器産業(株)、三菱電機(株)、ヴイエムウェア株式会社