JRAシステムサービス
 

会社概要

沿革

昭和43年 日本中央競馬会(JRA)の事業展開に係るトータリゼータシステムの運用保守管理のため、日本トータリゼータ株式会社設立。
中山競馬場及び東京競馬場にてトータリゼータシステムの運用保守管理業務開始。
昭和51年 JRA電話投票システムの運用保守管理業務開始。
昭和55年 JRA競走馬情報管理システム(JARIS)の運用保守管理業務開始。
昭和62年 JRA各種情報システム開発業務の受託開始。
昭和63年 各種競馬開催用機器の安定供給のため、日本レーシングリース株式会社設立。
平成元年 東京競馬場に設置された競馬場LANシステムの運用保守管理業務開始。
平成3年 JRAインフォメーションシステムの運用保守管理業務開始。
PAT方式電話投票システムの運用保守管理業務開始。
平成4年 JRA-VAN事業開始。
平成9年 JRA-VAN事業の更なる拡張のため株式会社ターフ・メディア・システム設立。
平成15年 ホースレースiスポット運営開始。
平成16年 オッズカード関連業務を事業化。
平成18年 東京競馬場で世界最大のターフビジョンの設計監理業務受託。
平成19年 経営の効率化及び更なるファンサービス向上のため、日本トータリゼータ株式会社、日本レーシングリース株式会社、株式会社ターフ・メディア・システムが合併し、新たに「JRAシステムサービス株式会社」としてスタート。
平成23年 WIN5発売の運用保守管理業務開始。
平成24年 地方競馬ネット投票の運用保守管理業務開始。
平成28年 海外競馬発売(ネット投票)の運用保守管理業務開始。

現在に至る